2014年8月14日木曜日

子沢山

理事長の中村嘉孝です。

タイで9人の子どもを代理出産させていた日本人男性の話。私の正直な感想を言うと、「ご立派」。
ネットでの噂では、光通信の御曹司だそうですが、甲斐性のある男がたくさん愛人をつくって、
あちこちに子どもをつくるのは、別に珍しい話ではありません。

それが代理出産というだけのことで、タイに9人の愛人がいて、それぞれに子どもができたということ
となら、咎めることもないでしょう。よく知りませんが、あるいは全てその部屋にいたという日本人女性
の卵子なのかも知れませんが、そうなると、それは単に子沢山というだけで、少子化時代に、
ありがたい話かと思います。

チンギス・ハンは、一説によると数千人の子どもをつくったといいます。オックスフォード大学での
染色体解析の研究によれば、現在、1600万人のチンギス・ハンの子孫がいるとのこと。今回の
事件の男性も、スケールの大きな事業家の血を引く方ですから、一人の日本人女性というだけでは
なく、世界中の女性と沢山の子どもを残せばよかろうかと思います。まあ、余計なお世話ではありますが・・・。

世界的ミュージシャンやハリウッド・スターが代理出産で子どもをもうけ、次々と養子をもらって
大家族をつくったりすることについてマスコミが何の批判もしないのは、世論が論理的でないことを、
よく知っているからでしょう。大衆にとって、スターは禁忌の領域を超える存在です。
しかし、ハリウッド・スターがしてよくて、我々がしていけない論理的な理由などありません。敢えて
いうなら、スターにはそれだけの経済力があるということだけでしょう。

ただ、今回の事件について一点だけ非難を申し上げるなら、男性がプライベート・ジェットで
逃げた、というところです。万一、タイの拘置所に入れられることを心配したのかも知れませんが、
それだけの甲斐性のある方なのだから、逃げ隠れせずに、堂々としていて欲しいと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿