2014年8月26日火曜日

“Pecha Kucha in Osaka” でプレゼンしました

検査部のケイトです。

“Pecha Kucha in Osaka” に招待されてプレゼンしてきました。

私の仕事と趣味を組み合わせて”art and ART”というプレゼンをすることにしました。私は休日に絵を描くことが好きでそのほとんどが日本に関する絵を描いています。鉛筆で書いたロボット芸者を特集した展示会を大阪で開催したこともあります。今まで気づかなかったのですが、私のすべての絵には女性と球体が描かれていて、潜在意識として卵をイメージしていたのかもしれません。

もう一つのARTとして、生殖補助医療において現在使われている顕微授精やRescue IVM, TESE(精巣精子採取術)や凍結保存などのIVF治療についても話させていただきました。会場には日本人のほか香港、オーストラリアなどのいろいろな国の人がいて、英語でスピーチさせていただきました。

プレゼン後は多くの質問を受け、たくさんの女性が将来のために卵子を凍結に興味を持ってくださり、英語が通じる病院を探していたという方もいらっしゃいました。興味深かったのは、男性を含めた多くの方が女性は生まれる時にすでに卵子の数が決まっていてそれがなくなるまで徐々に減っていくという事実を知らなかったことです。一般に女性の晩婚化が進んでいますが、女性はこの事実を考えなければなりません。

ぺちゃくちゃARTの可能性につて楽しく話させていただきました。参加してくださった方、ありがとうごいました。

-------

I was invited to do a small presentation at Pecha Kucha in Osaka. I decided to combine both my job and my hobby, so I called the presentation art and ART. I enjoy drawing in my free time and most of my artwork is inspired by Japan. I did two exhibitions in Osaka featuring my Robot Geisha drawings in pencil. I didn’t realize until now that all my drawings are of women and have many spheres in them, maybe they are oocytes subconsciously!

 I talked about the other ART in my life, Assisted Reproductive Technology and explained about IVF treatments that are available today including ICSI, Rescue IVM, TESE and cryopreservation. My audience was a multitude of nationalities; Japanese, Hong Kongese, Australian and so on, so my speech was in English. 

After my presentation I was asked many questions, many women were very interested in freezing their oocytes for future use and other people wanted to attend an English speaking clinic. One interesting point for me, was that many people including men did not know that a woman is born with a genetically predetermined number of eggs and that they decrease over time until there are none, so women have to consider this factor, although women are generally getting married later on in life. 

I enjoyed Pecha Kucha and talking about all the possibilities of ART. Thanks to everyone who attended.











0 件のコメント:

コメントを投稿