2014年10月28日火曜日

着床の窓 (ERA着床能検査)

医師の田口早桐です。

体外受精における反復着床不成功、つまり比較的良好な胚を何度か移植しているにもかかわらず妊娠に至らない場合が一番悩ましいケースです。
反復着床障害の原因としては、子宮内膜症、子宮筋腫、内膜ポリープ、卵管水腫などがありますが、それらを全て確認した上で尚着床しない場合もあります。

その場合はやはり内膜に原因があると考えるのが自然の流れです。内膜の着床状態を知る方法として、慢性炎症の有無を調べることも重要ですが、ERA(子宮内膜受容能アレイ)で、その人にとって内膜が着床に最適な状態になるのはいつかを知っておいたほうがいいかもしれません。

我々は「着床の窓(implantation window)」と呼んでいます。子宮内膜が、胚が着床できる状態になったとき、「着床の窓が開いている」といいます。例えは良くないですが、パチンコでもチューリップが開いてこそ、玉が入るのですよね。着床の窓が開く時期を予測して、各々に合った時期に移植する(個別化する)ことで、着床率を上げる工夫ができます。

今はERA検査をすれば、子宮内膜の遺伝子発現により、「着床の窓が開いている」かどうかを検査することができます。私自身はとても有効な検査だと考えています。というのも、以前から、良好形態胚盤胞を何度か移植しても着床しないのに、駄目もとで返した発育の遅い胚で着床して妊娠した、という例をときどき見るからです。これらのことも「着床の窓」が人により後ろにずれている、ということを考えると納得できます。

良好胚を移植しているのに何度も着床しないというのは、本当に歯がゆい状態です。現在当院でもこの検査を始めたばかりで、今数人の方が結果待ちの状態です。現時点で着床しない状態が続き、他に思い当たる原因がなくて打つ手がない場合は、やってみる価値があると思います。
















0 件のコメント:

コメントを投稿