2016年3月15日火曜日

米国遺伝医学会に参加しました

理事長の中村嘉孝です。

米国遺伝医学会に参加するために、フロリダ州のタンパという街に行っていました。その前に別のセミナーでブリュッセルにいたのですが、冬のブリュッセルから夜半にフロリダに着き、一夜明けたら、もう夏でした。

遺伝医学全般についての学会ですが、生殖遺伝も大きなウェイトを占めています。生殖関連だけのセッションもあり、PGS着床前遺伝スクリーニング)とNIPT(新型出生前検査)が話題の中心でした。

NIPTについては対象になる染色体の数が増えてきていますが、いずれにしても限られた内容のスクリーニング検査です。公衆衛生的な見地からすれば費用対効果に優れた検査ということになるのですが、個人として論理的に考えるとNIPTではなく羊水検査を選択すべきだということになります。

以前、ボストンであったNIPTのセミナーでは、ニューヨークの産婦人科医が「きちんと説明したら70%が羊水検査を選択する。」と発言し、それに対してコロラド州の産婦人科医から「それはニューヨークの女性だからだ」という反論がありましたが、今回はアラスカの産婦人科医から同じ話がありました。

もちろん私は、当院の患者様がニューヨークの女性と較べて論理的でないとは思いませんので、羊水検査をお勧めしています。











医療法人オーク会のホームページ

0 件のコメント:

コメントを投稿