2016年6月28日火曜日

桃太郎伝説

理事長の中村嘉孝です。

先日、岡山大学で卵子凍結の倫理問題についてのシンポジウムをするから、どういうつもりで卵子凍結をしているのか話すようにと言われ、行ってきました。

岡山大学はエンブリオロジストを養成するプログラムを持っていることで有名です。せっかくなので少し早めに伺って、施設を見学させていただきました。弊院でも研修センター内にトレーニング専用のラボを設けていますが、色々と参考になることがありました。

シンポジウムでは30分の時間をいただき、私どもの考え方について説明しました。厳しい批判を受けるものと覚悟していたのですが、法学者、倫理学者の先生方もリバタリアンの立場のようで、好意的なご意見をいただきました。

さて、卵子凍結についてよく言われるのは、いつまで妊娠を遅らせることが許されるかということ。生殖医学会のガイドラインでは45才は推奨できないとなっています。もちろん、妊娠・出産の合併症リスクは年令とともに高くなりますから、医学的な制約はあります。しかし社会的な観点での制限ということで言えば、リバタリアンの私としては、ご自身が決められることであって、医療機関がとやかくいうべきことではないと思っています。

ところで岡山といえば桃太郎伝説。ご存知の通り、「昔、昔、あるところにおじいさんとおばあさんが・・・」から始まるお伽話ですが、そういえば竹取物語も老夫婦が子どもに恵まれる話です。今とは違って、老夫婦といってももう少し若い年代を指しているのかも知れませんが、それでも40~50才以降には違いないでしょう。

年を取ってから子育てとなれば若い世代のような体力はないかも知れませんが、それでも大事に育てる気持ちがなによりだと、私は思っています。











0 件のコメント:

コメントを投稿