2016年8月18日木曜日

不妊保険

理事長の中村嘉孝です。
保険って難しい感じがします。保険会社のパンフレットをみると、いろんなグラフとか書いてあって、よくわかりません。でも、保険数理の計算は複雑ですが、保険の本質はあまりに単純です。

生命保険なら早死にした時に困るだけの金額、医療や損害の保険なら、病気、事故で生じる費用を、年金なら長生きした時に困るだけ金額をカバーする。ただ、それだけのことです。
私は、死んでも銀行借入をチャラにできるように掛け捨ての生命保険に入ってます。一方で、あまり長生きするとは思わないので、年金は法定のものだけです。リスク・ヘッジが目的なのだから、事故なく無事でいれば掛け金は消えていく。その掛け金をプールして、事故にあった人の損害を補償する。わかりやすい話です。

しかし、現実には貯蓄型だとか配当型だとかいう保険がたくさんあります。生命保険なのに、何歳まで生きていたらと御祝い金が出るとか、よく考えたら意味不明なのですが、そこが人間心理の難しいところです。色々考えているうちに、掛け金が消えていくだけじゃ損した気持ちになるのでしょう。

さて、金融庁が解禁した不妊保険ですが、各社とも商品化には二の足を踏んでいるようです。高額になる体外受精の費用をカバーしようとしているのでしょうが、事前リスクの評価やモラルハザードを考えると、仕方のないことだと思います。
体外受精クリニックの中には、最初に一括して100万とか一定額を預かって、何回までの治療はすべて含むというやり方をしているところもあります。これも一種の保険ですね。

実は当院でも検討したことがあるのですが、ご存知の通り、年令や基礎疾患によって成績が大きく変わってきますので、公平とは言いがたい。また、治療の方針をそのクリニックが決めるわけですから、逆のモラル・ハザードが起こりえます。そんな理由で定額プランは見送りにして、むしろ、引き続き体外受精のコスト自体を引き下げる努力を続けることにしました。
とはいえ、保険の設計が絶対に無理というわけでもないと思うので、ぜひどこかの保険会社が不妊保険を実現して欲しいところです。





















0 件のコメント:

コメントを投稿