2016年9月26日月曜日

欧州ヒト生殖医学会が主催するセミナーに参加しました

理事長の中村嘉孝です。

オランダは不思議な国です。英語でもHollandと呼ばれたりNetherlandと呼ばれたり、オランダ人の事はDutchで、それぞれイメージが違って、ややこしいですね。

オランダと聞くと風車とチューリップの牧歌的な農業国のイメージなのですが、その歴史ある王国の首都のアムステルダムと聞くと、まるで印象が違います。

大麻が合法で、街中のあちこちにある「コーヒーショップ」でマリファナを吸っている客の姿があり、また、カジノ、売春はおろか安楽死も合法で、ゲイ、レズビアンの聖地という究極のリバタリアニズムの国際都市というイメージですね。

今、アムステルダムで開かれていた欧州ヒト生殖医学会が主催するセミナーの帰途にあります。
ドナー卵への核移植、幹細胞から作成する精子と卵子、ゲノム編集など議論の多い新しい生殖技術についてのセミナーで、まことにアムステルダムにふさわしい内容です。銀座の開業前の忙しい時期ですので時間的に無理と諦めかけていたのですが、一泊で帰る最短スケジュールで参加でき、とても良かったです。

一番面白かったのはベルギーの生命倫理学者の話で、レズビアンカップルの一方の卵子をドナー精子で受精し、その胚から精子を作ってもう一方の卵子を受精させれば、カップルのそれぞれが子どもと25%遺伝的に繋がることができます。

今まで考えつかなかった視点で、日本で聞くと違和感のある話でも、アムステルダムの街で聞けば「あっ、そうなんだ」と思えるだけで不思議です。新しい技術の受容というのは、結局は慣れの問題なのだと改めて思いました。











0 件のコメント:

コメントを投稿