2018年9月27日木曜日

『生産性』

理事長の中村嘉孝です。

杉田水脈議員の発言が炎上し、ついに『新潮45』の休刊という事態になりました。関係ないですが、「水脈」とはなんとも右翼らしい感じの名前で通称かと思いきや、本名なのですね。

さて、その文章を読んでみたのですが、保守派の素朴な哲学を語っているだけで、特に目新しことはない、「LGBTは生産性がない」という点が引っかかったのでしょう。

身体的障害への暗い差別を想起させてしまったことが、激しい感情的反発を招いているのでしょう。言葉を生業とする政治家としては、失点に違いありません。

しかし、英語で生殖は「reproduction」、まさに再「生産」です。生殖による再「生産」がなければ人類がいなくなってしまいますので、生殖は常に正義、というよりも善悪の彼岸にあります。

ですので同意できるかどうかはともかく、公的援助のあり方に「生産性」を持ち出すのは一つの見識ではあり、掲載誌を休刊に追い込むほどのことかと思います。

ただ、杉田議員が明らかに間違っている点があります。実は、LGBTにも生産性があります。生殖医療によってLGBTカップルでも子どもを作ることが可能になっているからです。

でも、このように言うと、逆に反発を受けますね。右翼、左翼にかかわらず、LGBTに生殖医療技術を用いることに反対される方は大勢おられます。

「病気の不妊症ならともかく、そんな不自然なことは許されるべきでない」というのが大方のご意見。産婦人科医の間でも、そうです。でも、このような事例ではどうでしょう。

NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINEの今週号の症例検討は、31才で不妊の相談に病院に来た女性についてでした。検査の結果はアンドロゲン不応症。染色体はXYでも男性ホルモンの受容体が欠損しているために、心も身体も女性。ただ、子宮がなく、卵巣の代わりに精巣が体内にあるという病気です。

自分の染色体は男であると知った奥さんは最初は衝撃を受けたものの、その後、御主人にも事実を伝え、卵子提供によって現在、代理母が妊娠中とのことでした。

素直に、よかったね、と思いませんか?









2018年9月6日木曜日

学会が中止になりました

胚培養士の天野です。

今、北海道にいます。
旭川で開催予定だった第63回日本生殖医学会学術講演会に出席するために昨日到着した
のですが、地震の影響で学会は中止になってしまいました。
大規模な停電と都市インフラの停止のため、とのこと。
震源地からは離れている旭川でもまだ停電、断水しています(9/6夕方)。

地震情報をあまり見られていないのですが、震源地に近いところは被害甚大なようで、
被災地の皆さまの無事を祈るばかりです。












2018年6月28日木曜日

出産された患者様

医師の田口早桐です。

先週土曜日、午前診療終了後に、出産されたお子さんを連れて来てくださいました。その時の写真です。



先に治療にて妊娠、出産された方の紹介で、そのご友人が来院、治療の末に出産。そのお子さんも9か月になっておられました。

お二人とも、すぐに結果が出たわけではなく、苦しい時、つらい時を一緒に乗り越えてきたので、胸がいっぱいになりました。あの小さな小さな受精卵が、こんなに生命力いっぱいの存在になってくれた。


「君のことはオーク会の皆が見守っているからね!大丈夫だよ!!」



小さな手を握って、うるうるなりながら言い聞かせている私を見て、子供たち(一人はベビー)はすこし不思議そうでしたけど。


医療法人オーク会のホームページ









2018年5月15日火曜日

カロリーシェイク“いちごみるく”を開発中です

診療アシスタントの森脇です。
初めて投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします!
 
 ダイエット外来で奮闘中の皆様に朗報です!
 
当院では、 
ドクターの管理の下、
食欲抑制等のお薬を使用し、
当院で開発しているダイエットシェイク
「カロリーシェイク160」を用いた
ダイエット外来を行っておりますが、
 このたび、
新しく、カロリーシェイクに
 
“いちごみるく”
 
が仲間入りいたします!
 

これまでのシェイクの味といえば。
しょうがやゆず、トマトバジルなど・・・
 
 なかなかダイエットを頑張ってらっしゃる患者様に
愛していただける味がございませんでした・・・
 
 と言いますのも、
これまでのシェイクの味を提案してきたのは
当院の理事長でありまして…
 
 経営者としても、ドクターとしても
大変尊敬する頭脳の持ち主なのですが、
 シェイクの味については、ちょっと・・・。
 
(お察しください)
 
 
私も入社当時から
もっと過酷な食事制限のダイエットをサポートできる
シェイクの味はないのだろうかと思っており、

今回、
ダイエット経験のある女性スタッフの目線で
提案させていただきました!

ほんのりあまくて
可愛らしいピンク色のシェイク。

ぜひお試しくださいませ!











































2018年2月22日木曜日

YOMIURI ONLINE ヨミドクターに田口ドクターのインタビュー記事が掲載されました

オーク会事務部です。

田口早桐ドクターが子宮内膜着床能(ERA)検査について取材を受けた記事が、YOMIURI ONLINE ヨミドクターに掲載されました。
タイトル「体外受精、子宮内膜を検査…着床に最適な時期計る」
是非ご覧ください。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180219-OYTET50056/











医療法人オーク会のホームページ

2018年1月25日木曜日

PRESIDENT Onlineに田口ドクターのインタビュー記事が掲載されました

オーク会事務部です。

田口早桐ドクターがPRESIDENT Onlineのインタビューを受けました。
タイトル「専門医も太鼓判「深キョン妊活」のリアル」
是非ご覧ください。

http://president.jp/articles/-/24285














医療法人オーク会のホームページ

2018年1月16日火曜日

検査の精度(その2)

理事長の中村嘉孝です。

前回の記事の続きです。

仮に検体を取り違えて、全く別の人の血液でNIPTの検査をしてしまったとします。結果の意味は、あなたが25才である場合と45才である場合で違ってしまうのです。

http://www.perinatalquality.org/Vendors/NSGC/NIPT/

例えばこのサイトを使って計算すると、18番染色体について異常との結果が出た場合、45才だと90%が正しいけれど、25才だと15%しか正しくない。なぜなら45才の方が、もともと染色体異常の確率が高いから。だから、日本の学会は35才以上をNIPTの対象としているのです。

一方、NIPTは優れた検査だと言われる理由は、陰性的中率が非常に高い、つまり見逃しがほとんどないことです。陰性的中率が99.99%といえば、見逃してしまうのが一万人に一人だけ。

だけど、例えば13番染色体について言えば、極端な話、何の検査もせずに全員に「大丈夫」ってデタラメを言っても、もとから千人に一人しか異常はない。陰性的中率は99.9%なです。

また、調べることのできる染色体も限られています。NIPTで異常なしという結果であっても、21、18、13番以外の染色体異常についてはわかりません。調べているDNAも、胎児の細胞のDNA ではなく、胎盤の細胞から出たもの。

結局、NIPTはマス・スクリーニングとしての検査なんですね、もちろん、マス・スクリーニングとしては、私も非常に優れた検査だと思っています。確定診断の羊水検査を全員の妊婦にするのは現実性がないけれど、血液検査なら気軽にできます。

日本では学会肝煎りのコンソーシアムとやらで大層なことになってしまっていますが、欧州では保健行政サービスの一環として日常的にされていて、事前のカウンセリングなんかも必要ないんじゃないか、という話も出ているほど一般的な検査となっています。

日本では遺伝検査というと、検査を強要している訳でもないのに、すぐに「ナチスの優生学が」という話が出てきて議論が違う方向に行きますが、国際学会に行くと、ナチスの優生学に最も敏感なはずな欧州の参加者が、出生した場合の社会福祉コストと検査費用についての経済的比較の研究を、当然のこととして発表しています。はっきり言うと、NIPTは大騒ぎするほどの検査ではないのです

一方で、昔からある羊水検査。日本の学会も、特に規制などしていません。しかし、近年の遺伝検査技術の進歩によって、羊水検査で様々なことがわかるようになっています。以前は染色体を顕微鏡で見て数を数えるだけしかできませんでしたが、今は染色体の微小な欠失もわかるようになっています。また、染色体だけではなく、Whole Exome Sequencing (WES)といって、様々な病気の原因となる遺伝子レベルの異常を調べる検査も行われるようになっています。