2018年11月28日水曜日

ゲノム編集

理事長の中村嘉孝です。

昨日から報道されている、中国でのゲノム編集。父親がHIV感染で、顕微授精の際に感染しにくくなるように受精卵をゲノム編集して、双子の女の子が生まれたという話。

見ていて思うのは、相変わらず「まだ実験的」とか「技術的にまだ未熟」というご意見ですね。

でも、ゲノム編集は技術的にはシンプルです。そして、長期の安全性など、結局、やってみないとわからない。

そもそも議論の焦点は、もし技術的に確立されているとして、やっていいのか悪いのかということなのに、本質的な立場を明らかにすることを避けて、したり顔のこのような発言が流通するのは本当に困ったものだと思っています。

今日、香港で開催中のthe Second International Summit on Human Genome EditingがLive配信されていて、He Jiankuご本人が発表するのを見ました。

下馬評と違って、まっとうに計画された、まっとうな治療だと私は思いました。

御主人がHIV陽性のケースですが、私どもでも結構おられますね。洗浄した上で受精させて凍結、培養液中のウィルスを微量定量し、大丈夫なことを確認してから移植しています。

しかし、今回の件で、もっと将来のことまで考えるべきなのだと、むしろ思わされました。

HIVについては、日常生活では感染しない、ということを強調するのがPC(ポリティカル・コレクトネス)に適った言い方になっていますが、わずかであっても感染の危険がある以上、家族がこのような方法を選択することは決して異常な考えではないです。

色々な質問が出ていましたが、最後のものが全てでしょう。
「もし、あなたの子どもだったらやりますか?」
もちろん、答えはイエスでした。

スライドの中でLuluとNanaというニックネームを付けられた二人の女の子が、元気に育ってくれるといいですね。
















0 件のコメント:

コメントを投稿